借金が返せない

借金が返せない方のための債務整理の無料相談はこちら

アヴァンス法律事務所

 

オススメ度:★★★

 

債務整理に関わらず、法律関連のことならアヴァンス法律事務所がオススメです。最大の特徴として、債務整理完了後も生活再建に向けてまでをサポートすることです。他の法律事務所ではここまではやってくれません。そして、現段階で借金返済に困っている、自己破産しかないなどお悩みの型は今すぐに無料相談を実施しておりますでの今すぐご連絡下さい。アヴァンスがあなたをしっかりとサポートさせて頂きます。債務整理は過払い請求、初期費用0円のアヴァンス法律事務所へ。

 

 

弁護士法人F&S

 

オススメ度:★★

 

F&Sとはフェア&スクエアというものの省略で、これは公明正大を意味しています。公明正大とは私情を挟まず公正に事を行うことと言います。ご依頼者様はもちろん、全てのご相談者様においても心から安心と信頼を頂けるよう真剣に取り組む…をテーマに皆様のお役に立てればと日々精進しております。近年、債務整理については悩まれる方も多く、これまで数々の案件を解決しております。債務整理のことなら法律のスペシャリストである我々にお任せ下さい。今すぐにでもその悩みを解決しましょう。

 

 

街角法律相談所

 

オススメ度:★★

 

街角法律相談所は全国の法律事務所が比較出来るサイトです。ただ比較出来るだけでなく、債務整理をはじめとした法律に関する様々な情報を提供している情報サイトでもあります。当サイトでご紹介させて頂いた法律事務所以外にもご相談されたいという方は、是非こちらからお探し下さい。債務整理のご相談は一つの法律事務所だけでなく、色々なところに掛け合い、実際にご相談をされてみてから債務整理の依頼をするのは多くの方が行っている方法でもあります。

借金が返せない人へ

借金が返せない…もう自己破産するしかない…。
そう考えてらっしゃる人は少し落ち着いて下さい。

 

まず、なぜ借金をし、なぜ借金を返せなくなったのか冷静に考えてみましょう。
きっとどこかに原因があるはずです。
その原因が分かったのならば、今度はどう借金を返済していくかプランを立ててみて下さい。
お仕事をされているのであれば、毎月いくらの収入があり、そこから生活する上での必要経費を引き、そしてそこからいくら借金返済に充てることが出来るか考えてみましょう。

 

借金返済に充てる金額が、借金の元金を減らすことが出来ていれば問題ありませんが、全く元金を減らすことが出来ていない、もしくは減らすことが出来ていても微量だという方は債務整理を考えた方が良いかもしれません。債務整理することによって借金返済がかなり楽になります。それどころか過払い金返還でお金が返ってくる可能性もあります。

 

しかし、まず大切なのはご自身の収支のバランスを把握することです。何度も言いますが、毎月いくらの収入があり、いくらの支出があるのか、そしていくら借金返済に充てることが出来るのかを計算してみて下さい。おそらくこれまでは何となく支払ってきたと思います。それを一つ一つ項目を出し、生活するのに最低限必要な経費と、そして借金の返済額を割り出して下さい。

 

そして、毎月いくら返済すればどのくらいの期間で借金が返し終わるのかを計算しましょう。その結果、借金が完済するまでにかなりの時間を必要とする場合は債務整理を考えましょう。逆に1年や2年くらいなどで終わるような借金であればそのまましっかりとお金の管理をし借金を返済していって下さい。

 

とにかく、まずはご自身の収支のバランス、そして毎月の借金の返済額と借金がいつ完済出来るかを把握することです。冷静になりそこからはじめてみて下さい。

債務整理の種類

では、債務整理の種類についてお話ししたいと思います。

 

債務整理には、最初にお話しした自己破産の他に、任意整理、特定調停、民事再生(個人再生とも言います)があります。それぞれの種類とその説明をしていきたいと思います。

 

○任意整理
債権者と債務者が直接交渉し和解することです。しかし、法的な知識が必要となってくる為、債務者が直接債権者に交渉してもうまく和解出来ることは非常に難しいと言えます。その場合は、司法書士などに依頼することでスムーズに交渉を進めることが出来ます。

 

○特定調停
特定調停と前項の任意整理との大きな違いは裁判所は間に入るということです。これは利息制限法に基づき、3年を目安として、利息の無い分割返済にしてもらうことを目標とし、ご自身の力で完済を目指すというものになります。

 

○民事再生(個人再生)
借金の返済をしているものの、金利が膨らみ元金が減らないという方はこの民事再生がお勧めと言えます。これは、借金の一部を3年程度で返済していき、且つ残りの借金を免除してもらうようにするものです。一般の会社員と自営業者でも異なり、自営業者は小規模個人再生、会社員は給与所得者等再生が適用されることになります。

 

○自己破産
自己破産は全財産で借金を返済するのが不可能と判断された場合に適用される債務整理の中では最も重い処置になります。その場合は、その時点で持っている全ての財産を金銭に変えその金銭を全債権者で分配します。但し、現金の所持が99万円までは認められています。逆に99万円を超える現金は全て没収されてしまいますが、それまでの借金が全て帳消しになります。

債務整理と自己破産

当サイトの最初の項目で、債務整理をお考えの方でもご安心下さい。
借金が返済出来ないからと言っていきなり自己破産を考える必要はありません。むしろ自己破産は最初に考えるものではなく最終手段として考えるものです。借金が返せない場合にまず最初に考えるものがあることを知って頂きたいと思います。

 

そもそも、自己破産とは「債務整理」と呼ばれる中の一つの方法です。債務整理という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。多くの方が自己破産と債務整理は別のものだと考えているとか思いますが、実は債務整理というカテゴリの中に自己破産というものがあるということなんですね。簡単に言えば、果物というカテゴリの中にスイカやイチゴがあるようなものです。それを果物とスイカを別のものと考えているようなものだということですね。

 

ということで、債務整理には自己破産以外にどんな方法があるのか見て参りましょう。
それを確認して頂ければ借金をしているからといって自己破産をしなければならないという考えが払拭されると思います。ですので、しっかりと目を通して頂ければと思います。

債務整理とは

債務整理がどんなものかある程度ご理解頂けたのではないでしょうか。ただ、やはり債務整理を行うには多少の躊躇いがあるとは思います。そこで、債務整理とはそもそもどんな位置付けのものなのか、私たちにとって得なことなのか損なことなのかをお話しさせて下さい。

 

まず、最初にハッキリ言わせて頂きますが債務整理は私たちにとって得であるということです。これまで蓄積された借金が軽減され、仮に自己破産という選択を選ばれた場合は借金自体が帳消しになります。いわば私たちに与えられたお金に対するリセットボタンのようなものです。本来であれば借りたお金ですから返さなければならないのが筋です。しかし、国の法律でどうしても借金が返せない場合は借金を無かったことにしても良いですよというルールが決められているのです。よくよく考えてみるとものすごいお得な法律ですよね。しかし、だからと言って何のデメリットも無い訳ではありません。これを使うことでデメリットも生じます。それは、金融機関での信用情報が失われてしまうということです。金融機関での信用情報とは、銀行からの借り入れやローン、そして、車を買う際のオートローンなど高額の買い物をする際のローンが組めなくなったり、お金を借りることが出来なくなってしまいます。しかし、冷静に考えてみるとたったこれだけのデメリットでこれまでの借金を帳消しに出来るのです。社会的信用が失われる訳ではありません。仕事が出来なくなる訳ではありません。自己破産したことが他人に知れ渡る訳ではありません。勘違いしてしまうイメージとして、自己破産は警察に捕まったような社会的な信用を失ってしまうイメージをお持ちの方がいらっしゃると思うのですがそうではないんです。ただ、金融機関での信用が失われるだけなので、その他の生活には全く支障がないということを理解して下さい。

 

債務整理は借金を返済出来ずに困っている私たちの味方です。世の中的に債務整理があまり勧められていないのは、どちらかというと債権者側が守らているからなんです。資本主義である日本らしい風潮ですよね。しかし、借金が返せないのであれば私たちはこの法律をどんどん使うべきなんです。借りた側だけ責任が問われ苦しむのでなく、言ってみれば貸した側にも問題があるということです。

 

日本では借金に苦しむ方は多くいらっしゃいますが、まだまだ債務整理の認知度は低く、今の尚苦しみながら借金を返済している方がたくさんいらっしゃいます。このサイトを訪れられた方は債務整理のことを理解出来たと思いますので運が良かったと言えると思います。

 

もう借金で苦しむのは終わりにしませんか?
債務整理で人生を建て直しましょう。